1412月2018

Kelly and Buzz

2012年 2月10日(金)

Calling San Francisco! Do you live there or nearby? What are you doing tomorrow? We hope you can attend Dr. Imamoto's presentation at The Japanese Cultural and Community Center of Northern California where Dr. Imamoto will talk on his efforts to save the livestock left behind in the exclusion zone in Fukushima Prefecture. The presentation will take place at 1840 Sutter St. in S.F.’s Japantown at 1:30 p.m. We would like to thank the JCCCNC from the bottom of our heart! They have moved mountains to make this event tomorrow successful and we are forever grateful! thank you!

サンフランシスコに集まって!
あなたはサンフランシスコまたは近くにお住まいですか?
明日の予定はありますか?
私たちはあなたが北カリフォルニアの日本文化交流センターで今本獣医師のプレゼンテーションに参加することを望みます。
彼は、福島県の警戒区域にのこされた動物について彼の奮闘を話します。
プレゼンテーションは、サンフランシスコのスター通り1840 Japantownで午後1時30分から始まります。
私たちは、心からJCCNC(北加日本商工会議所)へ感謝を致します。
彼らは明日のイベントを成功させるために山を動かしました。
私たちは永遠に感謝を致します。ありがとう。

Inside Sendai

 


The people of Fukushima are voicing their demand for their animals to be rescued! On February 9th, pet parents who evacuated from the Fukushima 20 km zone and were forced to abandon their pets have formed a coalition, they have called themselved the Genpatsu Jiko Higai Pet Kainushi no Kai (english: Nuclear Power Plant Accident Pet Parents Group). Harumi Satou is their chairperson. The group ha...s formally submitted a request to the Ministry of Environment for their pets to be rescued. The Ministry of Environment have stated that they will have a meeting to discuss pet rescue, at this moment, there is still no plan to allow the private rescuers to enter the zone. We are very happy to see this new development.

福島の人々は、彼らの動物たちを救い出すために声を上げました。
2月9日、福島の20km圏内から避難して、強制的にペットを置き去りにせざるをえなかったペットの飼主たちが集まり「原発事故被害ペット飼い主の会」を立ち上げました。
代表は佐藤晴美さんです。
グループは。彼らのペットが救い出されるよう正式な要望書を環境省へ提出をしました。
環境省は、ペット救出のための定例会を開くと述べました。
現在、まだ民間の救助グループが警戒区域に入るのを許可する計画はありません。
私たちは新しい動きを歓迎します。

時事ドットコム:警戒区域のペット保護して!=飼い主ら、政府に要望

 


2012_02_10_img01

Please continue to send us your visual petitions, this was taken in Japan, just to the north of this beautiful dog, is a animal holocaust. Thousands have been left to forage for food and water, now, after 293 days, 11 hours and 59 minutes, they still wait, for rescue. Your visual petitions are sent to government officials to remind them that the world is watching, and the world is demanding that the animals arent left to die anymore, thousands, have already perished by starvation, thousands, also still wait. Please email your petitions to このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 . Thank you.

どうぞあなたのビジュアルな嘆願書を私たちに送り続けて下さい。
これは日本で撮影されました。この美しい犬の北側で。アニマルホロコーストがおきています。
数千の動物たちが残され水と食物を探しまわっています。
現在、置き去りにされて293日と11時間59分になります。彼らはまだ救出されるのを待っています。
あなたのビジュアルな嘆願書は、世界がみていると日本政府に思いおこさせるために関係機関へ送られます。
世界はもう取り残された動物の、これ以上の死を望みません。
数千の動物たちが飢餓によって亡くなり、数千の動物たちがまだ救出を待っています。
どうぞあなたのビジュアルな嘆願書を このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 宛へ送って下さい。
ありがとう。

 

Read 1354 times