1911月2017

Kelly and Buzz

警戒区域で1人の男の静かな抵抗

CNNの記事を翻訳転載をしています。

Resident defiant in Japan's exclusion zone

Tomioka, Japan (CNN) -- In the shadow of the Fukushima nuclear plant, one man's quiet defiance echoes through the contaminated, empty streets of Tomioka, Japan.

Tomioka, 10 miles (16 kilometers) away from the disaster, is inside the 12.4 mile (20-kilometer) radius of the government-mandated evacuation zone. But that hasn't stopped Naoto Matsumura, 52, a life-long resident and fifth generation farmer, from refusing to heed the mandatory evacuation since the nuclear meltdown.

"I'm full of rage," says Matsumura. "That's why I'm still here. I refuse to leave and let go of this anger and grief. I weep when I see my hometown. The government and the people in Tokyo don't know what's really happening here."

His defiance began with a simple desire to feed the animals on his farm. The government evacuated 78,000 residents around the exploding plant without a plan to rescue pets and valuable livestock.

As Matsumura began to feed his own animals, the neighborhood's desperate cats and dogs started showing up. He started to feed them too and decided he couldn't leave them behind to die. When Matsumura ran out of food, he slipped out of the exclusion zone and bought dog and cat food and then snuck back into town.

Weeks turned into months and now nearly a year. Conditions are growing worse by the day, says Matsumura.


日本 富岡(CNN)- 福島原子力発電所の影で、一人の男の静かな抵抗は富岡の汚染された、人通りのない通りで反響します。富岡は核災害を起こした原子力発電所から10マイル(18km)離れた地域で、政府が権限を持つ半径12.4マイル(20km)の警戒区域内にあります。しかし、この地に長く住んできた52歳の5代目農夫である松村直人は、核のメルトダウン以来、義務的な避難を拒否してここにとどまっています。

松村氏は「私は怒りに満ちています。」と言います。「私は、この怒りと悲しみを捨てて、去ることはできない。私は故郷を見ると涙がでます。政府と東京の人々は、ここで本当に何が起きているのかわかりません。」

彼の抵抗は、彼の農場で動物たちに食物を食べさせたいという単純な願望から始まりました。政府は、爆発した発電所のまわりの78,000人の居住者をペットと大切な家畜を救出する計画なしで避難させました。松村氏が自分の飼っている動物たちに餌をやり始めると、近隣の猫や犬たちが姿を現し始めました。彼は彼らも養い始め、彼らを残して離れることはできないと決心しました。松村氏は食物がなくなると警戒区域の外へ出て犬と猫の食物を購入し、再び町へ忍び込みます。

週は月となり、新しい年となりました。状況は日増しに悪くなっていると松村氏は言います。


Read more about Fukushima's abondoned animals.
Weeks into the evacuation, most of the cows starved to death, tied up in pens without any food. Maggots and flies covered their bodies, and a putrid smell came from most of the barns. But one of the worst scenes Matsumura remembers happened at a neighbor's farm. He found a cow and her calf alive. The cow was so thin from hunger it was just skin and bones, says Matsumura. The calf was crying, trying to approach its mother for milk. The mother kicked the calf, perhaps afraid of death, if it fed the calf, Matsumura recalled. The calf kept trying to approach for milk, but the mother kept kicking it away. The calf, dazed and hungry, stumbled away. It crawled into a corner, crying. The calf was sucking on straw as if it were the mother's teat, says Matsumura.

He went back the next day and found the cow and her calf dead.

Repeatedly seeing scenes like this, Matsumura said, made him furious. He began doing interviews with foreign correspondents, saying the Japanese press wasn't covering the heartbreak in the exclusion zone.


避難の後数週間で、大部分の牛が食物を与えられず、囲いにつながれたままで餓死しました。ウジとハエが死骸を覆い、そして腐敗臭はほとんどの納屋から臭いました。しかし、松村氏がみた最悪の状況は隣の農場で起こりました。彼は一匹の牛と子牛が生きているのを発見しました。牛は餓えて非常に痩せていて骨と皮だったと松村氏は言います。子牛は泣いていました。そし乳を飲みたくて母親に近づこうとしていました。母牛は子牛を蹴りました。たぶん、もし子牛に乳を上げたら自分が死んでしまうという恐怖心からだとおもいますと松村氏は回想します。子牛は、乳を飲みたいので母牛に近づくことを続けました。しかし、母牛は離れてけり続けました。子牛は空腹で茫然として、離れてよろけました。子牛は角へはっていき、泣きました。子牛は、まるでそれが母牛の乳首であるかのようにわらを吸っていましたと松村氏は言います。

彼が次の日戻ってみると、その牛と子牛は死んでいました。

繰り返しこのような場面を見て、私を激怒においやったと松村氏は言います。彼は海外特派員のインタビューに応じ始めました。彼は日本の報道が警戒区域内の悲劇を取り上げなかったと言います。

Read about the exclusion zone-turned ghost town
"The government and Tepco are not doing anything at all," says Matsumura. "We're the victims. The government and Tepco, they're the perpetrators but they don't treat us as victims. They pretend they're doing something, but they don't do anything inside the 20 km zone. I ask the lawmakers to help but they keep saying that's the 20 km zone. But something needs to be done now. They are hopeless."

Matsumura wants the cleanup of the contamination to speed up. There are a few signs that the work has begun in Tomioka, with contaminated soil sitting under blue tarps in a neighborhood park. But at this pace, Matsumura said, he'll never live to see Tomioka's people return.

Matsumura hopes as the one year anniversary of this nuclear disaster approaches, the international community will remember the risks of nuclear energy.

"You see what can happen. U.S., Russia, Japan -- this is the third nuclear accident, the third time something we created ended up hurting us. This is the third time, but we haven't learned our lesson yet."

Matsumura lives without electricity and gets water from a nearby well. He slips out of the exclusion zone only for food and then returns to feed any animals he can.

He's been tested for radiation contamination, and results show his body is "completely contaminated," he says. But he'll stay, he pledges, as the sole citizen of Tomioka to keep tabs on the government. "We have to decontaminate this area or else this town will die. I will stay to make sure it's done. I want to die in my hometown."

「政府と東京電力(TEPCO)はまったく何もしていない。」と松村氏は言います。「我々は犠牲者です。政府と東京電力、彼らは加害者です。しかし、彼らは我々を犠牲者として扱いません。彼らは何かしていると偽ります。しかし、彼らは20kmの地域内では何もしていません。」私は議員に助けを頼みます。しかし、彼らは20km警戒区域ではなにもできないと言い続けます。しかし、何か必要なことがなされるべきです。

松村氏は汚染の一掃が速くなることを望んでいます。富岡で2、3の作業が始まった兆候が見てとれます。近所の公園で汚染された土がブルーシートで覆われています。しかし、このペースでは私が生きている間に富岡の人々が戻るのをみることはないでしょうと松村氏は言います。

松村氏は、この核災害の一周年が近づき、国際社会が原子力エネルギーの危険性をおもい出すことを願っています。

「あなたは何が起きるのかみれます。アメリカ、ロシア、日本ーーこれは、我々が作った何かが結局我々を傷つけることになった3回目の核事故です。これは3度目です。しかし、我々はまだ学んでいない。

松村氏は電気なしで生活をしています。水は近くの井戸からくみ上げています。彼は食物の買い出しの時だけ警戒区域の外へ出ます。そしてどんな動物たちにも餌をやるために戻ります。彼はとどまり、誓います。政府を監視する富岡のたった一人の市民として。「我々はこの地域の汚染を取り除かなければなりません。でなければ、この町は死にます。私はそれがされることを確認するためにここにいます。私は故郷で死にたいです。」

※ CNNの記事より翻訳転載をしいています。

Read 2078 times Last modified on 月曜, 10 12月 2012 20:57