1911月2017

Kelly and Buzz

今本獣医師の紹介インタビュー

dr_imamoto_photo01

Hachiko Coalition Interview with Dr. Shigeki Imamoto, DVM, Nara, Japan  (Oct 2011)
4月15日より福島原発20km圏内に入り、精力的に動物の救済活動を行っている今本獣医師をインタビュー形式で紹介をしています。 

I thought I would travel to the United States to be interviewed and I was a bit nervous but I was relieved that my interview would be via email and through a translator.  I apologize for my informal Japanese.

今本です。アメリカにいってインタビューなのか?と、ちょっと、ドキドキ、わくわくしていた今本です。
メールでの返信ということで、ちょっと安心しました。
私の不安定な日本語を翻訳よろしくお願いします。


1HC: Could you please describe your current work, the town you practice in, how far away you are from the exclusion zone and your experience as a veterinarian, and your specialty if any.

1)現在のお仕事内容を教えてください。先生のお仕事場そして福島警戒地区よりの距離はどのくらいでしょうか?獣医としてのご専門をお聞かせいただければ幸いです。

I am the Director of Shinjou Animal clinic in the Nara prefecture.  We provide medical care mainly to dogs and cats.  The staff is made up of three veterinarians including myself and three assistants. It will take about 6 hours via Shinkansen or airplane to reach Fukushima.  It takes a long time.  As a veterinarian, I work on genetics.  I was the recipient of a veterinary award on genetic studies on a Miniature Dachshund.

私は、奈良県で、新庄動物病院をやっています。Directorという立場になるのでしょうね。院長です。
犬と猫を専門に診療しています。スタッフは、私を含めて、獣医師3名、診療補助3名です。
福島県へは、新幹線や飛行機のいずれの手段でも、かなり時間がかかります。
6時間ほどの余裕は見ておいた方がいいです。
獣医師としての専門は、遺伝子の話です。昨年度と3年前にミニチュアダックスフンドの遺伝子研究で、獣医学会の賞をいただいております。

 

2HC: Did you work with the VAFFA at the time of the earthquake, tsunami, and what were your responsibilities with that group.  What were the group's finding on theFukushima animals?  Did you agree or disagree with the findings and recommendations?

2)VAFFAのメンバーとしてご活躍されたでしょうか?もしそうならば、ご専門は何だったのでしょうか?VAFFAのメンバーとして動物達に関して発見された事は?そのなかで、賛成されること不賛成されることは?

I was a group leader since it was called Fukushima Seibutsu shigen housha sen chousa dan (Fukushima animal resource radiation research group) before it became the  VAFFA.  After the first research I quit as a team leader.  The reason I left there was a difference between our philosophy to rescue large animals i.e., even though I was asked to focus on large animals, the VAFFA maintained their position that they would not rescue large animals.  Also since there were so many groups rescuing small animals I thought I would focus on rescuing cows and pigs.  I thought I would do it since no one else would.  I always wondered what the difference is between dogs'/cats' life and cows'/pigs' life.  If you are a veterinarian I think you have to reach out to as many animals as possible and help them.  I am so sad that the line was drawn between dogs/cats' lives and cows/pigs' lives. I learned nothing from the findings of the VAFFA.  I had been a participant in the group before and so I just kept working.

VAFFAのチームは、その前身(福島生物資源放射線調査団)の時に、チームの班長を任されました。
第一回目の調査終了後に脱退したい旨を通達しています。大動物の救済に対しての調査を依頼されましたが大動物救済へはVAFFAは尽力しないということで、方向性の違いを理由に脱退しています。それと、小動物に対しては、これだけ助けの手があるのであれば、自分は以前から続けてきた牛や豚の救済をやろうと思いました。
誰もやらないので、自分がやるつもりでした。犬とか猫の命と、牛とか豚の命の違いってなんなのか?その時からそう考えました。獣医師であるなら、できる限り困っている動物に対して手を差し伸べるのが獣医師本来の姿ではないでしょうか?私は、命の線引きが行われたことを悲しく思います。VAFFAの活動で発見したことは、ありません。以前から継続的に活動していましたので、その調査の継続をしているだけでした。


3HC: As a practicing veterinarian you were responsible for something called the Farm Sanctuary.  Could you tell us what the farm sanctuary is and are you currently working on that project?  If so, what  is the goal?

3)ファームサンクチュアリーへ獣医としてご参加されていらっしゃると伺いました。詳しくファームサンクチュアリーのことをご説明して頂けませんでしょうか?その中でのプロジェクトは?もしよろしかったら目的を教えてください。

There are farmers who are against euthanizing animals in Fukushima.  I had been wondering what I could do to help them to save their cows' lives.  This is not a perfect sanctuary but I hope it becomes like the ones in overseas.  Actually I have not seen one outside of Japan. But I would like to make one where animal victims can live comfortably.  However, in opposition to the Farm Sanctuary, the Japanese government decided to destroy the livestock. I think the probability of getting assistance from the government is very low.

福島に、殺処分の反対を主張し頑張り続けている酪農家がいます。その方々が牛を生かし続けることに対して、何かできることはないかと考えています。完璧なサンクチュアリではありませんが、海外のサンクチュアリに近くなるような形になればと希望しています。実際に、海外のサンクチュアリを見たことはありませんが、多くの被災した動物が、その余生を満足に過ごせる形を作りたいと思います。しかし、これに対しては、日本政府の殺処分という決定がある以上、国から救済の手が差し伸べられる可能性は低いのではないかと考えています。


4HC: As a result of the earthquake/tsunami what has been your greatest worry, or preoccupation regarding the animals left behind in the no go zone?  What in your opinion could have been done differently?  What could have been done better? Why did the veterinarians stop going into the zone to help the animals?

4)災害の結果として多くの動物達が警戒地区に残されました。何が一番の心配ですか?もし、やり直せるならどのようにやり直しますか?どうして獣医さまたちは警戒地区へ動物救助活動を止めてしまったのですか?

It is prohibited for veterinarians to enter the exclusion zone.  Now only researchers from universities can enter the zone.  Animal rescue groups are also prohibited from entering the zone.  What am I worried about?  One thing worries me and that is that animals in the exclusion will starve to death.  All animals in the exclusion zone are starving.  If we could go back and re-do something I would have liked to have transferred all the animals before it became the exclusion zone.  In fact some animals were transferred very quickly.  On April 22nd, a wall of death called 20km zone was set.  The wall called the exclusion zone was set and many animals inside of the zone ended up dead from starvation. After that, the government decided to destroy animals in the exclusion zone.  The government who made this decision were not the ones to carry it out, as it was left to the local veterinarians to kill animals in the exclusion zone.  It is very hard work mentally and physically. I wish the government would have taken the path to make animals useful instead of killing them.  Japanese were people who used to hate taking life.  The Japanese also used to be people who would not act so shamefully towards others.  How was the decision to kill the animals reached?  I think this is such a shameful action to all people in the worldwide.   Many veterinarians wish to keep rescuing.  We have tried to get permission to rescue but have been rejected and permission denied.   I do not know who made this decision.  There are many places with radiation levels more than 100μSv/H. Plutonium and strontium have been found in some areas.  So that may be part of the reason for restricting the entrance to the exclusion zone.

獣医師たちの立ち入りは、厳しく禁止されました。今は、大学の研究者チームなどが立ち入れる程度です。そして、動物愛護を掲げる人々の立ち入りも禁止されています。
なにが心配か?
それは一つです。餓死していくこと、、、、飢餓状態ですから、現地の動物は。やり直せるなら、警戒区域の設定前に、すべての動物を移送しておきます。実際、そのような素早い判断で、救済された動物もいます。4月22日以降は、20㎞という、命の壁が設けられました。
その警戒区域という壁で、壁の内側にいる多くの動物が餓死という結果をたどりました。その後、殺処分の決定がされました。
決定をした国がやるのではなくて、現地の獣医師がやっています。本当に、つらい作業です。殺すのではなく、何か役立てる方法を考えてもらいたかったです。日本人は、このような命を無駄にすることを嫌う民族でした。そして、他人から見て、恥ずかしい行為はしない民族でした。しかし、今回の動物への決定はどうでしょうか?わたしは、この姿を全世界に見せるのは恥ずかしいと思います。多くの獣医師が、活動の継続を希望しています。助けたいと願っています。活動の許可を求めたいですが、許可は下りそうにないです。誰が、このような決定を下しているのかは私は知りません。しかし、100μSv/Hを超える場所が続々と見つかっています。プルトニウムやストロンチウムも検出される地域もかなりありますので、立ち入りが制限されるという判断は正しいのかもしれません。

 

5HC: What types of medical problems and conditions have you encountered in animals as a result of them not being fed or medically attended to inside the no go zone?

5)警戒地区に残された多くの動物達は長い間の飢えそして医療をうけることはできませんでした。その結果として今後どのような医療問題に直面されると思いますか?

From the medical point of view it is not at this level.  First I would like to keep them alive.  This is the basic level.  Even for people who are starving, we would first bring food to them before bringing medical care.  This is the same level with the animals.  I am very worried that sick animals with low immune system may spread certain diseases among other animals.

医療面に関しては、正直、そこまで対応できるレベルではありません。
まずは、何とかして生かしてあげる。。。。最低レベルの話です。
飢餓地域に、医療を持ち込むよりも、食料を持ち込む方が優先されますよね?その状態です。
今後は、免疫低下した個体が感染症、伝染病を蔓延させないか心配です。


6HC:  In your opinion, what are the radiation levels inside the 20km zone and have you seen any mutations in animals because of certain radiation levels? We understand you study genetics and associated diseases.

6)警戒地区の放射線レベルは今どのようですか?突然変異そしてgeneticsについて研究されていると伺いました。今、放射線の影響からの動物達に突然変異は見られますか?

Fortunately because we were not allowed to rescue, there are many new born cows and pigs in the exclusion zone.  So far we do not have reports on mutations from the effects of radiation.  It was a mistake that we did not start doing research from the beginning.  However if I could do more research, I would like to do continue researching radiation and genetic mutations.  Some genomes would be damaged by radiation.  However depending on the damaged location the effect would differ.  So far I have not seen any animals whose genomes are so critically damaged.

幸い、警戒区域の救助が認められなかったおかげで、多くの牛や豚が誕生しています。
放射線の影響と思われる突然変異は認められていません。
なにより、この状況で国がいち早く研究を開始しなかったことは、まずかったと思います。
ただ、どこかでできるとしたら、どのような変異があるのかを調べてみたいです。
放射線により、遺伝子は少なからず損傷は受けるでしょう。しかし、その損傷部位により影響は異なります。
今のところ、クリティカルな遺伝子へのダメージを受けた個体と考えられるものはありません。


7HC:  Is there a message you  would like for us to deliver to people regarding the animal situation in the exclusion zone?

7)なにか世界の人々へ警戒地区に残された多くの動物達に関して何かメッセージはありますか?

I would like to ask everyone, "Do you think that the life of an animal is worth less?”  Do you think that destroying livestock who cannot be sold is a right decision?  After the disaster many people said they would like to rescue cows.  Their opinions were ignored.  I do not think our society should abandon life.  Animals live in the flow of life.  Humans are maybe the  only animals who are able to think that they wish to die and kill themselves. Animals do not think they want to die. Animals want to live. There are farmers who want to keep their animals alive.  There are voices from regular people who want to save these lives. There are professionals who want to rescue them.  What can we do to save these lives?  I wish I had an answer.

動物の命って軽いですか?
経済的な価値がなくなった畜産動物は、殺すという判断が正しいのですか?
震災後、多くの方がこれらの牛を救いたいと申し出てくださいました。
それらの意見は無視されました。
命を無駄にする世界になってはいけないと思います。
すべての生き物は、命の流れの中で生きています。
自ら死にたいと願う生き物というのは人間くらいのものかもしれません。
生きたい命がある。生かしたい酪農家がいる。生かしてあげたいと声を上げる一般の民衆がいる。そして助けたいと願う専門家たちもいる。
この流れの中で、それでも見捨てられる命に対して、何ができるか?
私が教えてほしいです。


8HC- Do you have any comments or questions for people in the United States or worldwide?

8)なにか世界の人々へ送るメッセージはありますか?

I wish someday that we can show Fukushima.  Today, I can only tell people it is a tragedy.   I hope that I can tell a story of hope, a story that we can recover from the disaster.  I would like to encourage and urge people world wide to send their opinions to us.  When winter comes, grasses will be scarce and snow will fall.   Will the animals in the exclusion zone continue to die from starvation and cold? Japanused to be a country that treasured life, not a country which wasted life like this.  We as Japanese people used to be people who risked our own life to save others or to do something.   We used to be people who hated taking unnecessary lives.   I hope we will recover one more time.  Please help us recover and become the Japanwe used to be, the Japan everyone knew.

いつか、皆様に、福島の姿をお見せできたらと思います。
今は、私が語るのは悲劇の章です。
しかし、私は、希望に満ち溢れた素晴らしい復興物語を語れることを強く願っています。
皆様からも、ご意見をどんどん届けてください。
冬になれば、雪が降り牧草がなくなるでしょう。
飢えと寒さで、死んでくのでしょうか?
日本は、命を粗末にする国ではありませんでした。
誰かのために、何かのために、自らの命を懸けて行動することはありましたけど、
他人の命を無駄に奪うことを嫌った民族でした。
もう一度、日本が復活することを願っています。
もうちょっとだけ力を貸してください。

 

Read 1985 times Last modified on 月曜, 10 12月 2012 22:44